コーヒー豆の選び方(第二弾:サイズ編)

コーヒー豆の選び方(第二弾:サイズ編)

ニーハオこんにちは。

前回は選ぶ前提についてお話ししましたが、
ここからは、具体的な選び方についてご紹介します!

今回のテーマは、サイズ。

お店で100g入とか200g入500g入とかあるけど、結局どれ買えばいいの?
って所の疑問について答えていきたいと思います〜。

1. 2週間程度で飲みきれる量を買う

前回も少し話しましたが、コーヒーは新鮮さが大事です。
新鮮じゃないコーヒーになった時点で、素材がいかに優れていようと本当に美味しさがガクッと落ちます。

自分が飲み比べて思うのは、
コーヒーが最高に美味しい保存期間は、だいたい3~4週間ぐらいです。
意外と短いんです。なぜならコーヒーは生ものだから!
もう一回言います。コーヒーは生ものなんです!

想像してみてください。。
一流のシェフが昨日作ってレンジでチンしたオムレツと、
お母さんがたった今焼き上げた普通のオムレツ、
どっちが美味しいと思いますか?

そして、意外と知られてないコーヒーの秘密があります。
焙煎したてのコーヒーは、あまり美味しくないんです。笑

実はコーヒーって、焙煎直後からしばらくは中からガスが出てきて、
淹れるときに、注いだ水が豆の中に浸透するのを邪魔するので、
抽出が不安定になったり、抽出不足になったりします。

なので、焙煎後4-5日ほど経ったものの方が、より味や香りが出てきて美味しいです。

はい、では本日のおさらいです。

Q:コーヒーのぶっちゃけ賞味期限は3-4週間。かつ焙煎してから1週間近くは美味しさが落ちます。では、どれぐらいの期間で飲みきれる量を購入した方がいいでしょうか?
A:2週間(やっとここに戻ってきた)

なのであまり大きすぎるパッケージを買わないように気をつけてください。

「このコーヒー屋さん美味しい〜なかなか来れないし1年ぶん豆買おう〜」
とか本当にやめた方がいいです。
そんなお金があったら貯金しましょう。

だから逆に言うと、
自分が無理なく定期的に買いに行けるコーヒー屋さんを持つ
というのが新鮮なコーヒーを家で楽しむ一番の方法です。

最近はオンラインでも販売をしていることが多いので、
忙しい場合はそういうのを選ぶのも手かと思います!

2. 自分にあったパッケージサイズを知る

どれぐらいの頻度で、どんなタイプのコーヒーを、何人で飲むのか?
というところを計算してみましょう。

だいたいドリップコーヒー1杯が、10-15gの豆です。
エスプレッソだと、エスプレッソマシンのサイズにもよりますが15-20g。

なので、100gのパックを購入すると、
だいたい7-8杯のコーヒーを淹れられる計算になります。

さて、算数の問題です。

Q:2週間で使い切るぐらいの量を買うとすると、1日1杯飲む方なら、何g必要でしょうか?また、2杯ならどうなるでしょうか?また2人で毎日2杯飲んだら、、、?

考えるのがややこしそうですね。
そして1人で毎日飲むなら、って響きが独身感を醸し出しててちょっとあれですね。

ざっくりですが、
1人で毎日1杯飲むなら200g、2人で毎日1杯なら400gがオススメです。
2杯以上飲む習慣があれば、それに合わせて豆を増やしてみてください。

また、もし少量単位で購入できるなら、違う種類のものを買って飲み比べた方が面白いですよ。

 

ちなみに100gのコーヒーだと、スペシャリティーコーヒーでだいたい600円から1200円ぐらい、
一杯あたり80円ぐらいから飲めることになります。

セブンでコーヒーを買うのと同じような(むしろ安い)値段で最高レベルのクオリティのコーヒーが飲めるんですから、
コーヒーって結構手軽な贅沢品だなって思います。

さあ、早速家で淹れてみましょう!


今日はここまで、何か質問があればお気軽にご連絡ください〜。

 

<リンク>

浅煎り?深煎り?違いや自分の好みがわからない方へ
⇨詳細はこちら(第三弾:焙煎度編)

ウォッシュドやナチュラルって何?精製方法による味の違いを知りたい方へ
⇨詳細はこちら(第四弾:精製プロセス編)

やっぱりブラジル?それともエチオピア?地域ごとの味の違いを知りたい方へ
⇨詳細はこちら(第五弾:産地編)

一覧に戻る