商品情報にスキップ
1 の 3

BASTET COFFEE

Chelbesa Natural, ETHIOPIA

Chelbesa Natural, ETHIOPIA

通常価格 ¥1,200 JPY
通常価格 セール価格 ¥1,200 JPY
セール 売り切れ
税込 配送料はチェックアウト時に計算されます。

はじめてのご注文の前に

挽き目
サイズ

Chelbesa, ETHIOPIA

REGION : Gedeb, Yirgacheffe
FARMER : Chelbesa Small Farmers
VARIETAL : Ethiopian Heirloom
PROCESS : Natural
ALTITUDE : 1900-2100m
NOTES : Apricot, Blueberry, Gummy

𓃠-----------------------------

ピンクのネコは、プライドの高いネコ。
”誰にも媚びない懐かない、孤高の存在。”
アプリコットや桃、苺などの甘いベリーとエルダーフラワーやジャスミンなどの香り高い花を煮込んだ、ジャムのような濃厚で甘酸っぱいコーヒーです。ワインのような少し発酵したような香りはまるでサングリアのよう。一口飲むとバッと口の中に香りが広がり、飲み終わったあともいつまでも甘い香りが続きます。

<こちらの商品はコーヒー豆です>

豆のままお買い求めの場合は”豆のまま"を、ドリップ用やエスプレッソ用に挽く必要がある場合は挽き目の部分でお好みのものを選択してください。お湯を注ぐだけで簡単なドリップバッグをご希望の場合は、"ドリップバッグ"のページをご覧ください。

𓃠-----------------------------

<農園紹介>
コーヒーの原産地エチオピア。エチオピア南部のイルガチェフェは、際立つキャラクターと高品質のコーヒーの産地として、世界中のコーヒーファンから愛されています。大地溝帯の豊かな土壌、2000m級の高い標高、大木の木陰で健やかに育つガーデン・セミフォレストコーヒー。
エチオピアの歴史あるコーヒー輸出業者「モプラコ社」。現エレアナ社長の父・故ヤンニ前社長は、イルガチェフェで最高のスペシャルティ・ナチュラルコーヒーをつくるべく、イルガチェフェの地にCWS(Coffee Washing Station:加工場、ミル)をつくりましたが、志半ばにして亡くなってしまいました。
その遺志を継いだエレアナ社長は、新たに始まったECXなどのエチオピアのコーヒー流通制度のために自分で作ったコーヒーを自分で輸出することができずにいましたが、ここ数年ようやく、自社加工場のコーヒーを自社でダイレクトに輸出できるようになりました。
近年ようやくウォッシングステーションや農園指定など輸出規制の緩和から理想のコーヒー生産を再び目指すことができるように変化し、シェカのカヨカミノ農園やシダモ・ベンサ・ロギータCWSやこのチェレベサCWSで各地域で最高のコーヒーを模索しています。

BASTET式ドリップコーヒーの淹れ方

詳細を表示する